全国3000現場以上の導入実績

建設気象PRO

建設気象PROは、国土交通省発注工事をはじめ、地方自治体工事、民間建築工事など3000現場以上の導入実績があります。国交省NETIS新技術登録の安全建設気象モバイルKIYOMASA、災害リスク事前調査など技術提案から施工計画、現場の安全管理に役立つ気象情報をそろえております。

最新トピックス

新価格!

KIYOMASA の価格を改定しました。これまでのオプションだったサービスを全て組み込みました。現場の状況に合わせて必要なものをお使いください。

EE東北'16 出展します

EE東北'16 に出展します。ご来場の際にはブースにお立ち寄りください。 6/2のプレゼンテーションプログラムにも参加します。

土砂災害対策は積算降水量で

KIYOMASAに新しいアラートメールが誕生しました。その名も「積算降水観測アラート」・・・ さらに詳しく

粉じん対策にはコレ!10m四方ごとの予測実現

粉塵飛散予測システムが生まれ変わりました。工種を選択してより的確な対策を・・・ さらに詳しく

その他トピックス


技術提案・総合評価・入札関連

衛星電話強化プラン
特集 技術提案では、施工計画や総合評価に役立つ最新の情報をお届けします。
作業中止は記録で証明する時代!

現場に生かす予報士のコラム

寒中コンクリート対策と気象条件

真冬に向けて、より寒さが厳しくなるこの時期。建設現場では急な冷え込みにより寒中コンクリート対策が必要になったり、コンクリート養生・・・ さらに詳しく

天気予報の「時々」と「一時」の違いとは?

天気予報でよく耳にする「時々」と「一時」。突然ですが、ここで質問です!「くもり時々雨」と「くもり一時雨」のうち、『たくさん』雨が降るのはどちらでしょうか?・・・ さらに詳しく